こんにちわ!えふぁです。



先日レビューさせていただいた

加藤浩二氏の『一攫千金プロジェクト』について

追加で情報が入りましたので

追記記事を書かせていただきます。



前回の記事はこちら↓

加藤浩二『一攫千金プロジェクト2019』1億円約束しちゃって大丈夫?






『一攫千金プロジェクト』は最終的には

『オクリビトJAPAN』へと変わりました。

ビジネスモデルは予想通りFXです。




そしてFXの自動売買システムの販売が

最終的な目的となっています。




自動売買システムは

何もせず勝手に売買してくれるので

初心者には非常にウケが良いです。




よくオファーで見かける

「知識スキル経験、作業が一切不要」

なんて言葉は自動売買システムでよく使われます。




メリットとしては作業を効率化してくれること。

そしてそのシステムが本当に稼げるシステムなら

任せっきりで稼げることですね。




デメリットとしては

全てシステム頼みになってしまうので

稼げるか稼げないかは全てシステム次第。




システムが上手く起動しなかったり

システムに不具合があった場合

システムと心中することになります。

そして稼ぐための経験やスキルも得られません。




システムに依存してしまうということは

非常にリスクが高いので

初心者がいきなりシステムに頼りっきりになることは

僕はおすすめ致しません。





けっこう勘違いしている人が多いんですけど

自動売買システムって完全放置ってわけでなく

状況にあわせてシフテムをON/OFFする必要があるものが多く

知識全くなしで稼げるわけでは無いんです。




本当に完全放置で稼げるシステムが存在するなら

世界中の人がお金持ちになってしまいます。








そして販売価格は198,000円です。

さらに「オクリビトパートナーシップ」と言う

598,000円のバックエンドもあるそうです。




実際このシステムが稼げるかどうかは

購入して起動してみなければわからない部分はあります。




加藤氏が言うように

本当に1年で1億円稼げるなら

198,000円なら安い買い物なのかもしれません。




ですがこの話が本当なら

なぜ加藤氏は198,000円で販売するのでしょうか?

1年で1億円稼げる物を198,000円で販売するなんて

加藤氏はめちゃくちゃ損じゃないですか?




FXは永遠に勝者だけが増え続ける事はありません。

売り手がいるから買い手がいる、買い手がいるから売り手がいる、

どこかで負けている人がいるから勝っている人がいるのです。




ですから同じ勝てるロジックを実践する人が増えれば

当然勝ちにくくなります。

つまり1億円稼げるシステムを使う人が増えれば増えるほど

1億円稼げなくなるリスクが高まります。




それなのにたった198,000円で販売することに

なんのメリットがあるのでしょうか。

1億円稼げることが本当なら

僕だったら誰にも教えずシステムを起動しますけどね(笑)




なにが言いたいかというと

加藤氏の主張やシステムの性能や販売価格を考えると

つじつまが合わないことばかりだということ。




つまり198,000円でこのシステムを購入しても

加藤氏が主張しているような結果になる可能性は

極めて低いと僕は見ています。






加えて前回の記事でも書きましたが

加藤氏や大森氏が登場したこれまでの案件を見ると

やはりリスク高いなぁと思います。





購入を検討している人は

記事を読んでいただいて冷静な判断を!




今日はこの辺りで。

この記事が読んでいただいた方の参考になれば幸いです。

最後まで読んでいただきましてありがとうございました(^^)