こんにちわ!えふぁです。


日本のネットビジネスの歴史の中で
『神教材』と呼ばれる超大ヒット教材というのは
これまでいくつかリリースされてきました。



その中でも今から12年前、2007年にリリースされた
『ビジネス大百科』はその代表格で
アフィリエイトをしていて知らない人がいない。
と言って良いほどのメガヒットした神教材でした。



なんとその数は累計5万本以上。
まさに、日本で最も売れた最強のマーケティング商材です。



それが別次元で完全にリニューアル!
最強教材の続編としてリリースされました。
しかも『完全無料』での提供です。




最近のネットビジネス業界の状況を見ると
『無料』と聞くと逆に怪しいと思ってしまう
人達もいらっしゃると思うので、予め言っておきます。



近頃蔓延しているような「無料オファー」のように
最後には高額塾を勧め、しかも全く稼げないというような
胡散臭い案件と比べてしまっては、販売者の2人に申し訳ないほど
別次元の超優良教材です。




無料で提供している意図や、そのマーケティング手法は
提供されるコンテンツで語られているので
中身を見れば理解も出来ると思います。



最強の教材を世に送り出した2人が
現代のネットビジネスに合わせ再調整を行い
さらに向こう10年先まで通用することを見据え
アップロードした教材なのです。



僕はこれまで、稼ぎたいという相談に対し
とにかく受け入れて学び、知識を取り入れること
成功者を真似、成功者から思考を学ぶこと
そして自ら行動することをすすめて来ました。



『ネットビジネス大百科2』は
その思考を学ぶ為にはうってつけの教材です。
しかも無料で。



これほどの好条件でここまで学べる教材は他には無いでしょう。
少なからず僕はこの教材以外は知りません。
ネットビジネスで稼ぐことを志しているのであれば
この教材で得られる知識は、必ず得ておくべきかと思います。



僕的には『無料』ということよりも
中身の方が何倍も価値が高いとは思っているのですが
事実として無料であり、ノーリスクであることは
大きなメリットですからね。




そんな激推しの『ネットビジネス大百科2』
実際に僕も購入(無料ですがw)して動画を視聴しましたので
レビューさせていただきます。







→ネットビジネス大百科2ページはこちら




和佐・木坂って誰?


冒頭でも述べたように
『ビジネス大百科』は誰しもが知っている神教材だったのですが

それをリリースしたのが和佐大輔さん木坂健宣さんです。

 









因みにレターの木坂さんの写真は顔が出ていませんが
教材の動画ではバッチリ存在感を示し
講義をして下さっています。



実際に見ていただければわかりますが
セミナーの進め方や話し方、質問の受け答えなども
非常に上手で人を惹き込む力を持っていて
この辺りも非常に勉強になります。



この2人は常に時代の5年、10年先を見ているので、
僕自身も常に勉強させてもらっていますし
この業界に飛び込み駆け出しの頃は
ネットビジネス大百科1もかなり参考にさせていただきました。



今回の動画を見て、改めて凄いの一言なのですが
僕達のような情報発信がやりたいことのすべてを
体現化・言語化してくれているような内容。


そしてこれからあるべき形と姿を
僕らが描けるように示して、
導線を引いてくれているようなイメージですかね。



実は現在表舞台に立って活躍している情報発信者の方達は
ネットビジネス歴って数年だったり、
長い方でも10年未満だったり、
意外と長くない人たちが多いんです。



それ自体が悪いとかそういう話じゃないですよ。
むしろそれだけ短期間で収入を得られるという
ネットビジネスならではの優位性でしかないのですが。



そういった普段皆さんが目にしている
アフィリエイターだったり、インフルエンサーだったり
活躍して稼いでいる人達が、参考にしたり、
学びを得ている存在がこの2人ということです。



12年前にビジネス大百科を世に打ち出し
この業界で常に収入を増やし続けている。
そして今のネットビジネス業界で当たり前にされている基盤を
作ったのがこの2人であると言っても過言ではありません。



日頃からネット上でよく見るセールスレターやLPも、
ネットビジネス大百科で語られる原理原則を
用いて構成されるものが多いですし、
集客・教育・販売という王道のセールスもここから派生しています。



その2人が満を持して
現在と未来の時代に合わせたネットビジネスの形を
無料で提供するのが『ネットビジネス大百科2』なのです。



ここまで聞いただけでもワクワクしませんか?
これを無料で受け取る以外手は無いと思うのは
僕だけではないと思います。



『ネットビジネス大百科2』で提供されるものとは



無料で手に入れる事が出来る動画は以下の内容です。

 
 

 
以上の7つの動画で構成されています。





映像ダウンロード用・音声・ストリーミング用と
3種類のダウンロードが用意されています。
スマホでも問題無く視聴できます。



そもそもなぜこのコンテンツのが『無料』なのか…?
価格を見たときに正直目を疑いました…


ですがこれが2人の示すこれからの形でという事でしょう。



ここ10年でネットの世界には多くの情報が溢れ、
何が正しい情報か解らない、何を得ていいのか解らないという
まさに「カオス」の状態に陥っています。


映像や音声もネットで手に入るし
ノウハウなんかもある程度は無料で手に入ります。
便利な反面、情報が多すぎて
ユーザーは疲れ切っている状態です。


これまでネットビジネス業界でも長きに渡り主流であった
「情報商材」や「高額塾」も近年売り上げは下がる一方。
今ではオンラインサロンなどの
月額制コミュニティの時代に突入しています



つまり人々のニーズは正しいかも解らない「情報」ではなく
正しい情報が受け取れる「場」に映って来ています。



この教材のように「コンテンツ無料」の形が、
今後のネットビジネスの基盤になり、常識になっていくのでしょう。



そしてこれからの時代の人々は
『コミュニティ』にお金を払うということが
ネットビジネス大百科2では提唱されています。




本編でも注意を促していましたが
基本的には0から順番に見ることをおすすめします。
順番に見られることを想定して解説されているので
飛び越えてみると、わからなくなる可能性があります。



例えばタイトルだけ見ると「マネタイズ」というところに
興味を持つ方が多いかもしれませんが
全てのパートが「コミュニティ化」ありきの話、
全ての項目が組み合わさる事で、コミュニティ化が形成される。


そしてコミュニティ化さえ出来てしまえば
これまで多くの人が悩んでいた、
マーケーティング・集客・マネタイズといった部分で
悩む必要が無くなるといった内容です。



そしてその為の方法や考え方を
各パートで解説され構成されていますので
飛ばすこと無く最初から1つず見ていく方が良いでしょう。



一つ一つのセミナーが抽象的かつ内容が濃いので、
ザッと聞き流して学習するよりも、何日かに分けて、
それぞれのセクションで学んだ事を整理しながら
進めた方が理解は深くなると思います。



→ネットビジネス大百科2ページはこちら




コミュニティ化を和佐・木坂サロンで体現させる



この教材を購入すると、
ここまで紹介したネットビジネス大百科2の無料ダウロードの他に
『和佐・木坂サロン』のメンバーとなることが出来ます。



教材で語っている「コミュニティ化」をこのサロンで体現し
その新しいビジネスの形をこのサロンで
僕たちに示そうということなのだと、僕は理解しています。



実際に和佐・木坂サロンの目的は
「僕ら自身の背中でこれからの時代の生き方を見せ続ける」
ということを言っています。



ネットビジネス大百科1と最も違うのが
「つながり」「一体感」という部分です。



ネットビジネ大百科1ではどちらかというと
ユーザーに対して、その商品を売り込むための
コピーライティング力に比重を当てていました。



ですが今回のネットビジネス大百科2では
“ユーザー”“仲間”という視点でとらえ
「コミュニティ」という場に迎え入れて
信頼関係を築くことに重きを置いています。



実際ネットビジネス大百科1では
メインであったコピーライティングが
ネットビジネス大百科2では1/6の1つのパートとなっています。



そしてそのコピーライティングでさえ
それがメインではなく、どうコミュニティ化に活かすか?
コミュニティ化の為のコピーライティング。
という位置づけになっていますから。



つまり解りやすく言うと、これまでは
商品やサービス自体に焦点を置きどうやって売るかを考えて来たのに対して


これからは
自分が成長できる、つながりが感じられる
「コミュニティ」という場を提供すること。


が重要になって来るということです。



そしてそれを僕たちに体現させる場として
2人が提供したのが
『和佐・木坂サロン』ということですね。



先程述べたように今は情報が溢れすぎて混沌としています。
ユーザー自身も情報の「判断基準」が分からなず
どうしたら良いのかが解らず、戸惑い
非常にストレスがかかっている状態です。


そんな状態の中、いきなり商品を売り込んだり、
ライバルと競って無理やり集客を試みたりしたところで
サイトへのアクセスや、メルマガの解読すら望めませんし
当然購入という成果を得ることは出来ないでしょう。



そんな混沌とするネット社会だからこそ、
ユーザーは商品や情報ではなく、「居場所」を求めている。
それを判断し道を示してくれる「リーダー」を求めている。
まさに今はそこに「ニーズ」があるのです。



そこにネットビジネス大百科2は着目したわけで、
ビジネスに結びつけて考えたときに、コミュニティ化という手段が
最も成果を最大化し、合理的にするという結論に至ったわけですね。





その和佐・木坂サロンでは
ビジネス大百科2の無料セミナー動画とは別に
このような特別コンテンツが定期的に配信されます。





無料セミナーで解説された大枠に加えて
部分部分に特化した、具体的な手法などを
今後随時受け取ることが可能です。



先日はネットビジネス大百科2のセールスレターを書いた
和佐大輔さん本人から、レターの解説についてのコンテンツが配布さました。
セールスレターを書いた本人から、
どのような事を考えて、どんな事に苦労しながらレターを作り上げたのか
直接聞けるというのはとても貴重な経験になります。



こういった貴重なコンテンツがこれから
ドンドン配布されると思うと本当楽しみですね。




またサロンメンバーの限定のfacebookに参加することが可能です。


facebookではライブ配信・イベント告知・意見の募集などがメインで
グループメンバー限定のライブ配信は
コンテンツとしてアーカイブされないものも出て来るそうです。



つまりライブでしか見られない
facebookでしか見られないものも出てくるということなので
是非こちらも参加していただきたいと思います。





ここで一般的に想像すること…

「結局サロンで高額の参加費を集めて、儲ける気なんでしょ?」



いや、そうですよね?普通そう思いますよね(笑)
でもそんなことはありません。
こちらの和佐・木坂サロンの参加費は
月額2,000円(税込)ですからね。


しかも最初の21日間は無料です。



つまり「ネットビジネス大百科2」+「和佐・木坂サロン」とあわせて無料。
その後サロンのコンテンツを受け取り、2,000円の価値が無いと思えば
21日以内に退会すればお金がかかることは一切ありません。


ネットビジネス大百科2を受け取って、和佐・木坂サロンも無料体験して、
もしも気に入らなければ退会すればいいだけです。



僕自身はビジネス大百科2にしても和佐・木坂サロンにしても
価格以上のモノだと確信はしていて
今後の展開も楽しみで仕方ないのですが、



それでも初心者の方やこれから始める方にとっては
不安な部分もあるでしょうし
リスク回避をしたいのは当たり前だと思います。



だからこそノーリスクで試せるこの教材をキッカケに
これからのネットビジネスの形に触れて欲しいし
「コミュニティ」という輪の中に入って
それを実際に体感していただければと思います。



ネットビジネス大百科2ページはこちら



求められているのは『なに』では無く『誰』



繰り返しになりますが、最も重要視されているテーマは
『コミュニティ』です。


動画では様々な概念について解説されていて
少し聞いていて難しく感じるところもあるかもしれませんが
すべての行きつく先は『コミュニティ』です。


そんな中で難しい言葉を使わず
僕が伝えるもっとも解りやすい表現が

「何を言っているか」ではなく「誰が言っているか」

「何を売っているか」ではなく「誰が売っているか」



ネットビジネス経験に関わらず
これはなんとなくでも解る人が多いんじゃないですかね。
モノやサービスではなく、人や店で買っているという
購買理由はかなり多いんです。



例えば美容師さんとかわかりやすい例と思うんですが、
自分の専属の担当の美容師さんがいる方って多いですよね。
毎回その店に行けばその人を指名します。
むしろその人以外にはやって欲しくない。くらいの。



その美容師さんがおすすめするケア方法は
素直に受け入れて実践するし
おすすめするシャンプー・トリートメントは
結構あっさり買っちゃいます。



だってその人の言うことは間違いないという
絶対の信頼が既にあるわけですから。


それを今日初めての人からいきなり勧められたり
ちょっと広告が目に入ったからと言って
すぐ購入したりしないですよね。



飲食店であったり、病院であったり、
化粧品店であったり、衣料品店であったり、
商品ではなく人や店を信頼し購入している
というのは結構多いと思います。



そう。実はネットビジネス以外のビジネスでは
ひと昔前から『コミュニティ化』と同じような事は
言われ続けていて、すでに取り入れられているし
実際それで成功している人や店が多く存在します。



で、どことなくですけど皆さんも
現代の世の中の購入動機はモノでは無く人。
そういう人(店)が成功しているって
わかっているところがあるはずなんです。


単純にそれがネットビジネスでも起こっているんです。



どちらかというと昔は
「ネットビジネスは人と関わらなくていいから」
という理由で取り組む人も多かったと思います。
実際僕も人見知りなんので、そういう気持ちありましたしね。



もちろんそれはそれが悪いわけでは無いですし
コミュニティ化をするからと言って
顔出しをしなければならない訳でもありません。



ただ一つ言えるのは
「所詮ネットだから、なにしてもいい。稼げれば良い」
という考え方では成功なんて程遠いし
そういう人はドンドン売れなくなり、淘汰されていくことは間違いありません。



顔が見えないネットだからこそ
コミュニティという場でのつながりが重要で
そこで生まれる信頼の上でお金が動く。



そもそもネットビジネス、リアルビジネス
なんて言い方で分けられますが
既にネットはかなりリアルな存在になっています。




因みに僕がこのネットビジネス大百科2を
何の迷いも無く即決購入したのは
販売者が和佐さんと木坂さんだったからです。



今回はまさかの無料でしたけど
僕は数万円でも購入していたと思います。
僕と同じように有料だとしても
迷いなく購入する人はたくさんいると思います。



それは「和佐さんと木坂さん」だからです。
わかりやすく言えば、この二人の教材・サロンなら
間違いないだろうという信頼がすでにあるわけです。



全く同じ教材があったとしても
どこの誰かも解らないような販売者であれば
無料であったとしても、簡単には手を出しませんからね。




ここ最近のネットビジネスの傾向として、
頑張って書いた記事やメルマガがそもそも読まれない。
SEOの競争に勝たないとセールスの土俵にすら立てない。など
“ユーザーに振り向いてもらう”ことすら困難になってきています。



せっかく良いセールスレターや魅力的な商品を用意しても、
それを世にPRする舞台もないし、
頑張ってブログで発信したり、広告を打ち出しても
「情報の渦」に溺れ、目に止めてもらうことすら至難の技です。



つまりコピーライティングの力のみで商品の魅力だけを伝えても
そもそもユーザーの目に触れることさえ無い。
見られたとして信頼の無い人からは買わない。
これが、現在、そしてこれからの流れなのです。



ここまで解説すると少しつながってくると思いますが
この現代の状況を踏まえて考えたときに
今後成功するビジネスの形は「コミュニティ」であり
「誰が」にあなたがなるということです。





あなたが目指すべきはリーダー


もう1つ大きな柱として感じたのが
「リーダーのあり方」について。


コミュニティ化を全体としたビジネスを展開するのであれば
それを運営し引っ張っていくリーダーが必要になります。
前章でお伝えした「誰」に当てはまる存在は
必然的にリーダーという存在になるでしょう。


リーダーといっても色んなタイプのリーダーが定義できますが、
ネットビジネス大百科2で提唱されるリーダー像というのは、


・理想世界を見せ続けることができる人
・理想世界に向かって歩き続けることができる人
・メンバーに更なる歩く力をつけ、共に歩き続けることができる人


という事が言われています。



単に人だけ集めて終わってしまっては意味がありません。
これから自分達が進むべき理想世界を、示す必要があります。


そこに向かって同じ想いを持って努力し、
一緒に成長できる場が「コミュニティ」であり
皆を引っ張り、理想世界を体現させるのが「リーダー」です。



強い言葉を並べましたが、
これだけ見るとハードルが高く感じてしまい
本来の自分のキャラクターとのギャップに
悩んでしまう人もいるかもしれません。


「自分はリーダーと呼べるような偉そうなタイプじゃない」
「リーダーになれるほどの厳しさがない。」



ましてやこのセミナーで語っている木坂さんが
あまりにもその理想像とマッチしている為
「とても木坂さんみたいにはなれない」
と思ってしまう人も居そうな感じです。



まったくそんなことは無いですからね。
そんなことは無いというか
別に木坂さんのようにガッツリ男性的な存在になる事だけが
リーダーになるということではありません。



木坂さんは自分ではそんなことは無いと主張してますが
木坂さんは普通ではない存在ですからね(笑)
(これはあくまで誉め言葉です)
逆に木坂さんと同じようになろうと思ったら失敗するかも…


以前ビジネス大百科1がメガヒットしたときに
木坂さんを真似ようとした人が大勢現れたそうですが、
木坂さんの圧倒的なキャラクターを作り出すことは出来ず
無理してる感が出過ぎてイタイ感じになった人が
多発したらしいですからね(^^;


つまり無理して自分を偽って
キャラクターを作り上げる必要はありません。


というのも、リーダーには2つのタイプがあって、
人間である以上、必ず自分はどちらかに当てはまるからです。


・背中で引っ張るタイプ(男性性が強い)
・肩を組んで一緒に歩くタイプ(女性性が強い)



もし自分が木坂さんとは偉うタイプだと思うなら
コミュニティのメンバーと肩を組んで、
「一緒に私と頑張っていこう」というスタンスで
リーダーを目指せば良いだけです。


逆に木坂さんと同じタイプなら
堂々と自分らしく接して背中を見せれば良いといことです。



ただし自分が思っている自分と
周りから見た自分にはギャップがある場合があります。
自分では女性性が強いと思っていたが
周りから見たら男性性が強い存在だったなんてこともあります。


自分の思い込みだけでなく
周りからの反応も参考にして下さい。



リーダーであることに
これまでの自分の実績がある無いは関係ないことで

「自分が目指す道の先を歩んでいるな」とか、

「この人についていけば、面白いことが起きる気がする。」

と思ってもらうことが大事で、
圧倒的な実績を引き下げて“神様”みたいな人になる必要はありません。



つまり誰でもどちらかのタイプには当てはまるし
両方持っていて、バランスよく出来る人もいます。
そして実績云々は関係ない話なので
誰にでもリーダーになれる資質はあるということですね。



因みに木坂さんは男性性が強い典型的なタイプです。
自身の分析と周りの反応を聞く限りだと
僕は女性性が強いタイプです。



無理をせずともユニークネス出せる



例えば今ビジネス系のブログを見ると
皆同じようなコンセプトで
ありきたりな内容ばかりが目につきます。


その中で埋もれずに光るために必要なのが
「ユニークネス」であるということ。



いや、人を笑わせろということじゃないです(笑)
ここで言うユニークネスとは
「個性」という言葉がしっくりきます。



どういうことかというと

あなたが飾らない本来の自分の意見、
あなた自身の純粋な「Why」という「どうして?」という部分、
これを素直に出すことが個性となりユニークネスとなります。



そしてあなたが考える「Why」という「どうして?」
というのはあなたの深いところからしか出て来ません。

あなたが素直に感じる「なぜなら○○なんです」ということを
言い続けることで自然と個性は出て来ます。



僕の講座に参加していただいている方は
同じような話を聞いた事があるかもしれませんが
変に偽ったり、無理をすることは無く
自分の素直な表現を表に出せば良いということですね。



1,000人単位のコミュニティを構築できれば
一生食っていけると動画で語られていましたが
木坂さんが言っていた言葉が非常に印象的でした。


「世界には75億人の人間がいる。その人の個性についてくる人間1,000人なんて当たり前にいる」


いや本当その通りだと思います。


別に全ての人間のリーダーになる必要は無いし
全ての人間に響く個性が必要なわけじゃないんです。
木坂さんの言葉を借りれば1000人/75億人
に認めてもらえるリーダーになれればいいのです。




これからネットビジネス業界は間違いなく新しい時代に進んで行きます。
そしてこのネットビジネス大百科2は
まさにその新しい時代を先駆ける存在になるでしょうし
古いビジネスを一蹴する教材になるでしょう。



それは古い型から抜け出せない人にとっては、
厳しい時代の訪れを意味します。
それと同時に、ネットビジネス大百科2で提唱されていることを
実践して取り組む人にとって、大きなチャンスであると言えます。



その時代の流れに乗り、そのチャンスを活かす為には
やはりこの『ネットビジネス大百科2』
そして『和佐・木坂サロン』
が大きな存在になる事は間違いないでしょう。




ネットビジネス大百科2の弱点?



弱点と書きましたが
無料でこれだけの学びを提供されるので
正直デメリットらしいデメリットは無いのですが…


それでも、あえて挙げるとすると
PDFデータが無く、動画の時間のボリュームがあるということ。



合計11時間近くの動画ですからね。
こういうセミナー動画になれていない人は
全て見るだけでもハードルになりそうです。



基本的に自分で、ためになると思った動画や音声は
繰り返し視て聞くことが重要です。

なぜなら人間はもの凄く忘れやすい生き物だからです。

昨日の昼食は何を食べましたか?
結構覚えてないと思います(笑)


これはあなたが悪いわけでは無いです。
人はそういう生き物だからしょうがないんですよ。


だからこそ繰り返し視る・聞くということが大事なのですが
11時間の動画だと中々反復がしにくい。
PDFデータなどがあれば
部分的に確認することが出来るので勉強しやすのですが…。




そしてもう一つはネットビジネス大百科2は
インターネットを活用した普遍的なマーケティングや
コミュニティ運営の教材になります。


つまり原理原則や思考などについては学べますし
この教材が今後のネットビジネス界の
教科書的な存在になることは間違いないのですが



具体的にこれをする。あれをする。ということが
示されているわけでは無いので
初心者やこれから始める人が
この教材を勉強しただけでマネタイズできるように
なるわけでは無いというところです。



まぁだとしても勉強になりますし
成功したいなら絶対抑えておくべき内容だということは
間違いないですけどね。



ということでその弱点を補うべく
えふぁ経由で購入(無料ですがw)いただいた方限定で
弱点を補う特典をご用意いたしました。



えふぁ経由購入者特典



【特典1】セミナー内容書き起こしPDF配布


現在のところ教材内では映像のみで、
書き起こしのPDFとかはアップロードされていません。


先程もお伝えしたように
復習するときとか、学習を補足するために
要点をまとめたファイルの存在は必要不可欠です。


最近出張が多かったため
移動時間を利用してセミナーを視聴したのですが、


今改めて映像を視聴し、要点をパソコンに書き起こしています。
これがあると無いでは反復の効率に何倍も差が出て来ますので
購入者特典として配布しようと思っています。


是非ご自身の学びに活かしてください。




【特典2】情報発信ビジネス収益化戦略


先程おお伝えしたように、
ネットビジネス大百科2では
ビジネスの発想の根源を学ぶことは可能ですが
それ自体でマネタイズすることはできません。


アフリエイトを初めてとする情報発信ビジネスで
収益化を図るためには、現実的に
SEOの知識であったり、ライティング力は必要です。


ですからネットビジネス大百科では学べない
基礎的な部分やこれまで培ってきたテクニックなど
こちらもファイルにしてお渡しいたします。


■ ブログアフィリエイトでは欠かせない「入り口戦略」「出口戦略」
■ 質の高い集客を実現するためのテクニック
■ 人の心を動かすライティングスキル
■ 絶対に外せないSEO知識と上位表示対策
■ 記事のネタを無限大に仕入れる方法
■ マネタイズを効率化させる便利ツール・サイト紹介



などなど詰まった濃い内容となっています。



特典を受け取るには、下記のページから商品ページに移動し
決済画面でこちらの画面が表示されているか確認した後
お手続きを踏んでいただきますようお願い致します。



→えふぁ特典付き購入はこちら







それでは今日はこの辺りで。

最後まで読んでいただきありがとうございました(^^)